ドローンを使った仕事がしたい!!必要な資格とは?求人を探すには?

[

ドローンによって仕事の幅が広がる!?

]


昨今のドローンの高性能化により、様々な業務に特化したドローンが次々と登場しています。この先も更にドローンが様々な業務で活躍シーンが増えることが見込まれます。
そこで将来、ドローンを使った仕事に就きたいと思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、近年ドローンに関するトラブルが増えて逮捕者が出た事案も発生しているので、ドローンの操縦には資格が必要だと思う方も多いと思います。
そこで仕事でドローンを活用する際に資格取得は必須なのでしょうか?
また、仕事を探す際にはどのようにして求人を探せばいいのでしょうか?解説していきたいと思います。

ドローンを飛ばす際には資格が必要なのか?

結論から申し上げますと、2020年現在ドローンを操縦すること自体に資格は必要ありません。
仕事で活用する際も例外ではなく、あくまでドローンの操縦のみに関して言えば資格は不要です。
しかし、ドローンを操縦する際に特殊な電波を使用する場合には、無線技士の免許が必要になってくることがありますので注意してください。

なぜドローンの資格を取得するのか?


まず、現時点でドローンの資格は公的なものではなく、民間の資格のみ存在しています。
公的な資格でもなく、ドローン操縦にも資格がいらないのであれば、なぜドローンの資格というものが存在し、取得する方がいらっしゃるのでしょうか?
この点、先述の通りドローンを操縦するにあたり様々な法律や条例をしらないまま飛行させた際には、最悪逮捕につながる可能性がありますし、飛行場所によっては飛行許可がなければ飛行できない場合もありますので、そのような知識をつけるために資格を取得する方が多いです。
飛行許可についても申請するためには、ドローンの飛行実績が必要になってきます。
その飛行実績時間の基準がおおむね10時間とされていて、その10時間を達成するためにスクールに通い資格を取得するという方も多数いらっしゃいます。
民間の資格とはいえ、このような資格をもっていれば知識と操縦技術を持っているという事が客観的に証明できますので、飛行許可の申請を出す際に書類の一部を簡略化できるといったメリットがあります。

ドローンを仕事にするには?

ドローンは空撮・測量・点検・農薬散布等幅広く活用されていますが、仕事にするためには何が必要なのでしょうか?
空撮の場合は、撮影した動画の経験と実績が重視される場合が多いです。実績を積むためには、以前ご紹介したようなストックフッテージサイトやSNSを活用するのが良いでしょう。
測量の場合は、測量士や測量士補といった資格の他に実際の業務経験があると、求人に有利なようです。
点検についても業務の知識と実績があれば、求人市場では有利に働くでしょう。
農薬散布はドローンの操縦もそうですが、ドローンの運行でつかうアプリケーションの理解と農薬に関する詳しい知識と経験が必要になります。
このように見てみると、それぞれの業務に関する専門的な知識や経験を持ち合わせることで、より仕事に就くことが出来る可能性が上がるという事がわかります。

求人を探すには?


では、ドローンを使った仕事の求人を探すにはどうすればいいのでしょうか?
検索サイトから「ドローン 求人」と検索するだけでも様々な求人サイトから、ドローンに関する仕事が検索できます。
また、まだ数はまだ少ないですが、ドローン操縦士と客をマッチングさせるようなドローン操縦士専門のマッチングサイトがあります。そういったところに登録して仕事をもらうというのも良いでしょう。また、この場合にもより実績がある方のほうが仕事を受注できる可能性が上がるかもしれません。

まとめ

ドローンの資格を取得することは様々なメリットがありますが、資格を持っているだけですぐに仕事に結びつくかと言えばなかなか難しいかもしれません。
しかし、資格を取得したことで、自身の実績を積む機会というのは大幅に増えます。
まずは、ドローンに関するちゃんとした知識と操縦技術を身に付けてから、実績を積んで自分を宣伝しましょう。

                               

ドローンに関する記事一覧

資格・スクール、法律・規制、仕事、最新ニュース、機体・練習・練習場所ななどについて様々なドローンに関する最新情報はコチラ!

ドローン トピックス 一覧