「物流業界でも活躍!ドローン資格」講師のつぶやきコラムNo.3

[

今後は物流で活躍間違いなしのドローンに関する資格を取得!

]

ご存知のようにアマゾンなどの宅配に関しては、人手不足もともなってドローンを使用した実験は既に行なっております。
しかし本当にドローンで物流は変わるのでしょうか?

ずばり、ドローンの出現によって物流業界は変わると思います。
最近ドローンに関する記事やニュースを見ていると、少し前までは海外での出来事ばかりだったのが、日本国内でのドローン×物流に関する内容が多くなってきたように感じます。
それだけ世界に遅れをとらないように大手企業はもちろん、ベンチャー企業も多く参入し、ドローンで物流業界の効率化を大きく変える実験を日々行なっております。

さらに日本政府も本腰を入れ毎年のように規制緩和を進めており、2019年国土交通省の過疎地域等における ドローン物流ビジネスモデル検討会のまとめによると、ドローンは過疎地域等における物流の課題解決の有望な手段となり得るという考え方で協議しております。

そんな急激な流れの中にあるドローン業界で多くの企業が参入しておりますが、個人としても法律が変更されてきております。

2020年2月、日本政府は2022年を目処にドローンの機体と所有者の情報を国に登録の義務付ける方針を発表し、自動車のナンバープレートのように個人を認識するためのIDを発行し、そのIDが印刷されたシールを貼り付けなければいけないとの決定しております。

また2020年6月には規制強化として、ドローンの総重量200グラム以上が規制対象(飛行可能地域で飛行させるには国交省に事前に許可申請が必要)としていた航空法を100グラム以上も原則必要である、つまり今までアマゾンなどでおもちゃのドローン(トイドローン)としていた販売してきた200グラム未満の機体であっても100グラム以上であれば規制対象内へと変更するそうです。

このようにいざ仕事で使うためにドローンを検討となっても、規制や法律などさまざまな知識が必要となります。
また実際に飛行させることになっても、飛行申請を国交省へとドローンパイロット自身が行なわなければいけませんが、申請の面倒など操縦スキルとは違ったことが側面も必要となります。

そのためにも事前にドローンスクールで知識と操縦スキルを会得し資格を取得することは、国交省への飛行申請の際に必要なフライト経験としても役立ちます。

これから物流システムを変えるといわれるドローン業界ですが、正しい知識とともに、これからの物流を変える原動力と活躍するために、ぜひドローンスクールに一度無料体験にきてみませんか

 

 

ドローンに関する記事一覧

資格・スクール、法律・規制、仕事、最新ニュース、機体・練習・練習場所などについて様々なドローンに関する最新情報はコチラ!

ドローン トピックス 一覧