ドローン登録システムへの機体情報登録手順 ~個人アカウントでの登録~【前編】

[

マイナンバーカードを使った登録方法を解説

]


2022年6月20日以降、国内で100g以上の無人航空機を飛行させるには、事前に飛行させる機体情報の登録が必要になります。
現在、国交省では事前に機体情報の登録申請を受け付けており、今回、実際に機体情報の登録を行ったので、その手順を解説したいと思います。

1.アカウントの作成

dipsの「ドローン登録システム」(https://www.dips-reg.mlit.go.jp/drs/top/init)にアクセスして、「個人の方のアカウント開設」からアカウントを作成する。

「利用規約を理解しました。」と「航空法における無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールを理解しました。」のチェックボックスにチェックを入れる。

※入力時のPOINT
ページ内の利用規約と「航空法における無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールについて」のリンクをクリックして内容をすべて確認しなければ、チェックボックスにチェックが入れられないようになっています。

「マイナンバーカード情報連携」ボタンをクリックして、ICカードリーダーを使うか、2次元バーコードを「マイナポータルアプリ」からカメラを起動して読み取り、マイナンバーカードの情報をアカウントに連携させる。
今回はスマートフォンを使って、2次元バーコド入力を選択。

情報が未入力になっている箇所がある場合には追加で入力して、アカウント開設画面まで遷移して「開設する」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレス宛にアカウント開設完了メールが届く。

2.機体登録手続きの手順

メールに記載されているログインIDとパスワードを入力してログインする

メニューから「新規登録」を選択する。

本人確認方法を選択する。今回はマイナンバーカードから「2次元バーコード認証」を選択。

表示された2次元バーコードを「マイナンバーカードAP」から読み取ると、マイナンバーカードに登録された情報が反映されるので、未入力で空欄になっている箇所を記入する。

機体情報の入力に進む。今回は例としてDJI社製の「PHANTOM4 PRO」を登録する。製造メーカーを選択すると選択したメーカーに応じて、登録する機体が選択できる。

使用者情報を入力し、次に入力した情報の確認を行う。

最終確認を行い、送られてきたメールに従いマイナンバーカードの情報を読み取り、スマートフォンの画面の指示に従って、マイナンバーカード発行の際に設定した「署名用電子証明書の暗証番号」と「利用者証明用電子証明書の暗証番号」を入力する。


手続きが完了すると、手数料の納付に関するメールが送られてくる。

まとめ

以上、【前編】の今回は100g以上のドローンをお持ちの方、購入を検討している方へ向けて、機体登録の手順をお伝えいたしました。
記事ではマイナンバーカードを使った申請方法をお伝えしています。【後編】の記事の始めに手数料に関して記載いたしますが、マイナンバーカードを使って手続きを行った場合は、支払う手数料が安くなります。
また、2022年6月19日までに事前にドローン機体登録を済ませておけば、機体へのリモートIDの設置が一定期間例外的に免除されます。お早めに手続きを済ませておくことを強くおススメいたします。

ドローンに関する記事一覧

資格・スクール、法律・規制、仕事、最新ニュース、機体・練習・練習場所ななどについて様々なドローンに関する最新情報はコチラ!

ドローン トピックス 一覧