オンラインで行うドローン飛行許可申請の手順~前編~

[

ドローン情報基盤システム(dips)で行う飛行申請

]

ドローンdips アイキャッチ
ドローンスクールを卒業して資格を取得した後、早速飛行許可を申請したいけれども、手順・方法がわからないという方に向けて飛行許可申請の手順をお伝えします。
国土交通省の許可がなければ、人口集中地区などでドローンを飛ばすことができませんので、早めに飛行許可申請を出すことをおススメします。

申請手順の流れをご紹介

許可申請の主な流れは以下のようになります。

1.dipsアカウントの作成
2.機体情報の登録
3.操縦者情報の登録
4.申請書の作成
5.申請書のダウンロード

前編では上記手順の3番まで解説致します。
なお、申請は誰でもできますが、許可は誰にでも出されるわけではありませんので、ご注意下さい。
また、申請してから審査結果がでるまでに時間が掛かりますので、ドローンをフライトさせる日の、2週間~10日程前までに申請しておくことを強く推奨いたします。

それでは実際に手続きの流れを見ていきましょう。

1.dipsアカウントの作成

https://www.dips.mlit.go.jp/portal/ (ドローン情報基盤システム DIPS)
まず初めに、こちらのサイトからログインIDを作成します。

※別の機会に説明いたしますが、「ドローン情報基盤システム」には「FISS」というものも存在します。
 こちらも重要なシステムになりますが、今回は「dips」についての説明を致します。
dips

「はじめての方」からご自身の申請用のアカウントを作成しましょう。
「個人」アカウントか「企業・団体」アカウントかを選べますので、状況に応じて選択してください。

利用規約をよく読んでから、「同意する」を押します。
dips個人情報登録

各情報を入力したら、次へ進むボタンを押します。
ボタンを押した後入力情報の確認ページが出るので、確認後登録するボタンを押すと、次のようにメールが来ます。
dipsメール

メール本文のリンクをクリックして、本登録を完了させます。
申請者IDがログインIDとなりますので、忘れないようにしましょう。

2.機体情報の登録

次に機体情報の登録を行います。

「準備が済んでいる方」から「ログインへ」ボタンを押します。
dipsログイン

作成したIDでログインします。
dipsログイン直後機体情報の登録

「無人航空機情報の登録・変更」を押します。
dips無人航空機登録

DJIなどといったメーカーの機体を登録する場合は「ホームページ掲載無人航空機」を押して下さい。
「ホームページ掲載無人航空機以外」は自作した機体の登録など特殊な場合に選択して下さい。自作した機体を登録する場合には、機体の仕様や重量等細かく記入することになりますので、ここでは省略いたします。
今回はDJIの「Mavic 2 Pro」の機体登録を想定してみます。
dips機体情報管理

製造者名から「DJI」を選択して「検索」をクリックします。
dipsDJI機体画像

機体の一覧が出てくるので、「Mavic 2 Pro」を選択します。
dipsMavic2 Pro

「Mavic 2 Pro」を選択すると製造番号だけ記入できる状態になるので、製造番号を記入します。
機体の製造番号はバッテリーを外した、バッテリースロットの中にありますので、確認して記入してください。
以上で、機体の登録は完了になります。

3.操縦者情報の登録

それでは、引き続き操縦者情報の登録を行います。
dips操縦者情報の登録

ログイン後のメニュー画面から「操縦者情報の登録・変更」のボタンを押します。
dips操縦者情報

当スクールを卒業された方は「新規作成(HP掲載団体技能認証あり)」を選択して下さい。
dips操縦者登録

操縦者の情報を入力しますので、上から順番に
・「操縦者氏名」
・「操縦者氏名カナ」
・「住所」
を入力します。
次に技能認証情報を入力します。
dips技能認証情報

当スクールの卒業生の方は次のように入力してください。

発行団体名  :ドローン検定協会株式会社
講習団体名  :ドローン検定協会株式会社(ドローン検定協会株式会社)
機体の種類  :回転翼航空機
区分    :基本
技能認証番号 :「JA」から始まるドローン検定発行のLIDを記入
発行日    :ドローン検定ホームページからダウンロードした修了書の日付を記入
技能認証証明書:ドローン検定協会ホームページよりダウンロードした修了証をここに挿入します。

dips修了証
技能認証に含む飛行形態として
・人又は家屋の密集している地域の上空
・人又は物件と30メートルの距離が確保できない飛行
の2件がありますので、飛行許可申請はこの2件に対して行うことが出来ます。
dips飛行可能な機体
最後に飛行可能な機体(先程機体登録より登録した「Mavic 2 Pro」)を選択して登録するボタンを押して登録完了になります。

操縦者情報の登録は、以上になります。
飛行許可申請の手続きの前半部分は、以上になります。
後編では、いよいよ申請書の記入の仕方について、解説いたします。

オンラインで出来る!ドローン飛行許可申請を徹底解説!

                                                    

ドローンに関する「ニュース」・「資格」・「免許」・「法律」・「機体」・「スクール」などはこちら!

ドローンに関する記事一覧

ドローンニュース一覧