ドローンの資格を仕事に!求人や年収を一覧で徹底解説!

[

ドローンの仕事の内容は?給料は?資格は?

]

マネー

ドローンをビジネスとして行いたい!ではどんな仕事があるのか?
年収はどれくらい?資格・免許はいるの?
など今回はドローンの仕事について解説していきます。

ドローンを活用した仕事は?

ドローンカメラ撮影

  • 空撮カメラマン
    • 一番多くの方が想像するのは空撮カメラマンではないでしょうか。
      仕事内容としては空撮をしてプロモーションビデオ・空撮写真の撮影などで広告やTVなどで用いる素材の依頼などがあります。
      ドローンの操縦する技術はもちろん、カメラマンとしてのセンス、動画・画像編集なども求められます。
  • 測量
    • 建設現場での人員、時間の削減のために測量にドローンが活用されるようになってきました。
  • 点検
    • 特にインフラ点検など年々需要が増えている傾向にあり、太陽光発電の点検やその他様々な点検業務にはドローンの活躍の場がまだまだ広がっていきそうです。
  • 農業散布
    • これからの高齢化、担い手の減少などによる労働力不足にドローンを活用することによって、効率よく農業ができるように技術や法整備も飛躍を遂げていくことでしょう。
  • その他にも
    • ドローンスクール技術指導員・講師(プログラミング講習などもあり)
    • ドローンで警備
    • ドローンで配達
    • ドローンで倉庫管理などなど。まだドローンの仕事はこれから様々な業種で増えていくと思います。

ドローンで仕事をしている人の年収はどれくらい

マネー

ドローン操縦士の年収は平均240~480万円

求人情報サイトや厚生労働省などや実際に仕事についている方を参考にしました、おおよそのドローンでの仕事は月平均20~40万ぐらいになります。以下が業種別の金額になります。

    • 空撮系:200万~600万円
    • 測量系:360万〜560万円
    • 農薬散布系:350万〜550万円
    • 保守点検系:300万~500万円
    • ドローンスクール講師:220万~420万円
    • ドローンエンジニア:450万〜650万円

あくまで上記の金額は目安になり業態ごとによって違いはあるのですが、全体的に資格や免許、経験やコネクションの差で同じ業種でも金額の幅が大きいように思われます。

  • 例えば空撮などは制作会社にコネクションを持ってたり、編集作業も通常のカメラマンと同じようにでき、経験値も高ければ当然収入は上がります。
  • 測量であれば、測量士などの資格があるとないとでは、収入も大きく変わり、転職には厳しい部分もあります。
  • 太陽光発電の点検も正直ドローンで撮影だけでは仕事を探すのは難しく、電気工事士などの資格を持っていた方が有利です。
  • 個人で請け負うのであればある程度の知識・資格や免許、経験やコネクションはないと仕事としては厳しい部分があります。
  • しかし、稼いでいる方は1千万以上の方もいらっしゃいます。
  • 以前TVでもやっておりましたがトップの方ですと年収1億稼ぐ人もいらっしゃいます。夢がありますね!

ドローンで仕事をする時に資格は要るのか?

資格ドローン

  • 基本的にドローンを飛ばすだけなら現時点(2020年現在)では資格も免許もいりません。
  • しかし、知識や操縦技術があることを客観的に証明するためには資格は非常に有効であるのも事実です。
  • 求人に応募するにしろ、仕事を受注するにしろやはり客観的に証明する資格は持っておいた方が有利だと思います。
  • 仕事でドローンを飛ばすにはその仕事によっては、資格や免許、申請など必要な事も多くあり自分がどんな仕事でドローンを飛ばすかによっては取得をしなければいけないケースも多くあります。
  • さらにドローンを飛ばすだけの仕事は実は多くはなく、(空撮だけでの仕事は実はかなり少ない)何かしら他の資格などを持っていることが仕事に結びつきます。
  • 仕事を依頼する立場から考えてみていただければおわかりになるかと思いますが、相手の知識や技術が目に見えて証明するものが無ければ安心して仕事を依頼できません。
  • やはり資格を持っている人へ仕事を依頼するのは当然ではないでしょうか。
  • そのため、様々な資格を持っているとドローンの仕事をしていくうえで大変有利になるでしょう。

ドローンには資格が必要なのか?その種類と費用は?

「ドローンが操縦できる」だけでは・・・

いかかでしたでしょうか?
ドローンの仕事は年々増えてはいますが、実は空撮だけでは現時点では全体の数パーセントしか仕事はなく、その仕事もこれまでやってこられてきた実績のある方同士でパイを取り合っているのが現状で、これから始めるのであればよほどのコネクションを持っていて誰にも撮れない映像が撮れる!資格や知識もかなりあるなどでないとなかなか難しい部分はあると思います。

しかし!ドローン操縦士というのはまだまだ発展途上の仕事です。

ドローンビジネスはまだまだ未開拓の部分はありますので、個人で新たな仕事を見つける!発掘する!などや会社で新たなドローンビジネスを作る!などは可能だと思います。

ドローンで大きく稼ぐ!やりたいことで給料を得る!などもちろんできますが、ドローンが操縦できる!だけでは正直厳しいくやはり知識・経験・資格は必要ではないでしょうか!

ドローンに関する「ニュース」・「資格」・「免許」・「法律」・「機体」・「スクール」などはこちら!

ドローンに関する記事一覧

ドローンニュース一覧