ドローンで空撮するためには?許可や資格は必要なのか?

[

ドローンで空撮したい!資格は?免許は?法律は?

]

空撮504

結論からいうとドローンを飛ばすだけなら基本的には資格も免許もいりません。
ただしどこ(街中)でも!どんな機体(200gオーバー)でも!
どんな時(夜など)でも!というわけにはいきません!

  • 例えばご自身が北海道の広大な平原の土地の持ち主で、周りに飛行場などもないところでドローンを飛ばして空撮を楽しむのであれば資格も許可もいりません。
  • しかしそのような恵まれた環境をお持ちの方はほんの一握りでその他大勢の方は、周りに家や電柱や道路など様々な建物や人、環境があると思います。
  • 人がいると必ず法律や条例などがあります。もちろんドローンにも様々なルールがあります。
    今回はドローンで空撮するために知っておかなければならない法律や資格について今回はご紹介させていただきます。

どんな機体でどこでドローンを飛ばして空撮をするのか?
その為に知っておかなければならない法律は?

ドローン空撮504

まずはドローンの重さによって法律も適用になるものとならない場合がございます。

  • 重量が200gオーバーの機体について
    • 本格的な空撮を撮ろうと思ったらどうしてもカメラが重くなってきて重量も重くなってしまいますがその分高画質や様々な機能を搭載したドローンが多いですが、法律の200gをオーバーしてしまい、そうすると航空法が適用されますので規制の対象になります。
  • 航空法では
    • 人口密集地区(DID)・空港周辺・150m上空・夜間飛行・目視外飛行・第三者の30m未満・イベント会場上空・危険物の輸送・物を落としてはいけないなどの規制があります。
    • 簡単に言うと「人が沢山いる場所や飛行場の近く・ドローンが見えない距離、場所・夜などでは飛ばしてはダメですよ~」「飛ばす場合は許可申請がいりますよ~」ということです。

ドローンを飛ばす為に確認しなければならない法律は?

200g未満のドローンの場合は大丈夫?

マビックミニ504

では199g以下のドローンでは?

  • 昨年発売されて大人気の小型ドローンマビック・ミニは199g以下だから大丈夫なの?
    • しかし199g以下のドローンでも様々な規制や条例などがあります。

小型無人機等飛行禁止法

  • 簡単に言うと「国の重要な施設と位置付けている近くではどんなに小さいドローンでも絶対飛ばしてはダメですよ~」「一部例外的に飛ばす場合は所轄の「警察署へ48時間前までに通報書を作成・提出がいりますよ~」ということです。

その他にも実は様々な法律や条例等があります。

  • 海で空撮したいな~と思っても海は港則法や港湾法
  • 川で空撮したいな~と思っても河川敷だと河川法
  • 公園で空撮したいな~と思ってもは自然公園法(東京ではすべての公園では禁止)
  • さらには空撮ではその気はなくても人の家を撮影できたりしますのでプライバシー権(肖像権)の侵害に当たる場合もあります。

もちろん200g未満に適用される法律は200g以上でも適用されます!

ドローンを飛ばす際に注意すべき法律!!

最近TVでもよく見るFPVで空撮できるマイクロドローンには免許や資格が必要?

最近よくTVなどでも見かける小さいドローン(よく芸能人が小さいドローンから逃げる鬼ごっこなどでもおなじみになってきた)でFPVゴーグルを付けての空撮に必要な資格や免許は?

  • 高性能なカメラを積んだ小型ドローン(最近はカメラの小型・性能がアップして(今はFHD・4K撮影も可能!Cine Whoopシネフープ)機と呼ばれ、ゴーグルを付けてまるで自分が飛んでいるような撮影ができる)を飛ばしたい。
  • FPVとは「First Person View」(1人称視点)ゴーグルを使用してドローンが飛ばせカメラ目線で飛ばす。
  • しかしこのようなドローンを飛ばすには無線免許がないと飛ばせません!
  • 一般向けのドローンで使われている電波の周波数は「2.4GHz帯」を使用しておりますが、このようなFPVドローンなどで使用されている電波は「5.8Ghz」帯となる為無線免許が必要になります。

ドローンを操縦するには無線の免許が必要なのか?申請方法も詳しく説明!

ドローンでの空撮は法律を守って安全に!

いかかでしたでしょうか?
ドローンの魅力はやはり空撮!しかし空撮をする為には様々な法律を調べておかないと知らなかったでは済ませられない事態を招くこともあります。
安全に楽しく空撮をする為に法律を守って飛行をさせましょう。

色々な申請は手間と労力もかかります。飛行許可申請するためには10時間の飛行実績が必要にもなります。

ただでさえ飛ばす場所を見つけるのが大変なのに、申請の前に10時間の飛行実績!
ではどこが場所を借りて・・・ しかし、結構お金もかかりますね・・・

2020年の段階ではドローンを飛ばすこと自体には免許も資格もいりません。 2022年は免許化へ
現在様々なドローンスクールがあり、なぜ免許ではない民間資格を取るのか?
申請には必要な10時間飛行実績や法律などを勉強し、ドローンを安全に飛ばせる様になり、空撮を楽しむ近道になるからではないでしょうか?

ドローンに関する様々な情報を掲載

ドローン トピックス 一覧