強化されるドローン規制!200g未満のドローンも対象!新たに8空港近辺は規制対象に!

[

空港でのドローンの規制強化!

]

飛行場

これまでは200g以上のドローンに対して空港周辺での規制を行っておりましたが、主要8空港では重さに関係なく規制がかけられます。

2020年7月22日より改正ドローン規制法に基づき、小型無人機ドローンの飛行を禁止する空港として「新千歳」「成田」「羽田」「中部」「関西」「大阪(伊丹)」「福岡」「那覇」の8カ所を指定すると発表しました。

  • 航空機の離着陸に影響を及ぼす恐れがあるため。
  • 8空港では敷地内、周辺約300メートルの範囲の上空を対象に、大きさや重さにかかわらず全てのドローン飛行を規制。対象エリアに近づいた場合、空港管理者や警察が妨害電波を出すなどして阻止する。
  • 当該空港周辺地域の上空でドローンを飛行させる時には、空港管理者の同意や都道府県公安委員会等への事前通報が必要となるので気をつけましょう。
  • 違反をすると!
    →1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる場合もあります。

マビックミニ504

200g未満ドローン、一部飛行規制ルール適用範囲対象へ

国土交通省は2020年7月19日、小型無人機ドローンの飛行規制ルールの適用対象を、重さ200グラム未満のドローンの一部にも広げる方針を固めました。

  • 軽量で安定した飛行ができ、ある程度の距離が飛べる高性能なドローンが登場して、安全対策を強化してゆきます。
  • 具体的な基準を検討し、年内にも航空法施行規則を改正する。
  • 政府はドローンが普及してきて事故も多くなったことにより、2015年に航空法を改正。(1)人口密集地区(2)150メートル以上の高度(3)空港周辺などは、許可なくドローンを飛ばせないよう規制して、夜間や目視外飛行、イベント会場上空など承認が必要としてきましたが、200グラム未満の機体は「遠くまで飛ばせず、危険性が小さい」として規制外にしてきましたが、これからは200g未満にも規制がかかってくるでしょう。

ルール

ドローンの規制は様々な事故や違反で年々規制が強化されて、機体の登録義務化や2022年は免許制になるといわれてきています。

ドローンの性能は年々向上し、初心者の方でも簡単に飛ばせるドローンも登場してきておりますが、反面よく法律なども解らないまま飛ばしてはいけない場所で無断で飛ばしたり、事故を起こす人も年々増加してきております。

これからドローンは当たり前のように空を飛んでいる時代が来るかもしれないので、より飛ばす人のモラルや知識、技術が要求されるようになるのではないでしょうか。

ドローンに関する「ニュース」・「資格」・「免許」・「法律」・「機体」・「スクール」などはこちら!

ドローンに関する記事一覧

ドローンニュース一覧