Q&A

[

ドローン検定について

]
Q1.ドローン検定協会とはどのような団体ですか?
A1.ドローン検定協会は、無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施している団体です。 無人航空従事者試験の受験を機にリモートパイロットを含むすべての従事者が正しい知識を身につける機会となることを図ります。
Q2.ドローン検定取得者の人数を教えてください。
A2.令和元年9月30日現在、1級取得者は2千人超、2級取得者は4千人超、3級取得者は1万4千人を超えています。ドローン検定受験者数も最近では毎回1千人を超えていますので、今後ドローン検定取得者はますます増えることでしょう。
[

ドローンの資格について

]
Q1.ドローンに資格はありますか?ドローンを飛ばすのに資格が必要なのですか?
A1.現在、ドローンに免許は存在しませんが、法律知識や操縦技術が足らず、違反や事故に繋がるケースが増えてきているため、国交省はドローンを運用する人はできる限り、国交省認定の講習団体が発行する「民間資格」を取得するように推奨しています。
Q2.ドローン検定講習・ではどのような資格が取れますか?
A2.ドローン検定講習では国土交通省認定団体のドローン検定協会が発行する「ドローン検定3級」を取得できます。
Q3.ドローンの資格をとるとどのように役立ちますか、なにができますか?
A3.ドローン運用に関する国家資格がない日本国内において操縦者の技能を担保する役割を担っており、国土交通省より飛行許可を受ける際に必要な無人航空機の操縦知識や能力に関する確認項目を簡略化できます。また、自社や自己のPRにもつながります。
[

内容について

]
Q1.航空法などの講義などはありますか?
A1.座学の講習内にて、航空法およびその他関連法令についてご説明させていただきます。
Q2.講習ではドローンついて何を学べるのですか?
A2.ドローンの構造や気象、安全に運用するためのプラン、航空法やその他法令まで学ぶことができます。また、基礎技能講習ではシミュレーターや実際に実機を操縦して機体の操縦技能を習得することができます。夜間飛行や目視外飛行、物件投下といったドローンの特殊な活用事例についても学ぶことができます。
Q3.初心者でも大丈夫ですか?
A3.当校の講習は初心者の方が1から学べるカリキュラムを多数ご用意しています。 全くドローン触ったことがないという方でも安心してご受講いただけます。
[

ドローンスクールについて

]
Q1.どのような方が受講されていますか?
A1.ご職業や資格取得目的は多種多様です。カメラマン、測量士、不動産会社の方から、趣味でドローンを飛ばされる方、資格取得自体が目的の方などもいらっしゃいます。 また、幅広い年齢層の方が受講されていて、女性のご受講者様も多くいらっしゃいます。
Q2.私物のドローンを使って受講できますか?
A2.当校で用意しているドローンを使用してご受講していただきます。 私物のドローンでのご受講は出来ません。