PAGE
TOP

トピックス

トピックス

新システムDIPS2.0で行う機体登録・飛行許可申請・飛行計画の通報・飛行日誌の作成   ~後編~

[

ドローン情報基盤システム(dips2.0)飛行関連手続き

]


令和4年11月21日以降、国土交通省でDIPS2.0という新しいシステムの運用が開始されました。
旧DIPSシステムの運用方法から大幅な変更となっていて、手続き方法が分からないという質問も数多くいただいています。
そこで今回は主にマジオドローンスクール卒業生の方に向けて、新システムでの飛行手続きの流れをお伝えします!!

飛行手続きの流れをご紹介

無人航空機を飛行させるまでの主な流れは以下のようになります。

1.dips2.0アカウントの作成
2.無人航空機の登録
3.飛行許可・承認申請
4.飛行計画の通報
5.飛行日誌の作成

後編では上記手順の4番・5番を解説致します。
なお、申請は誰でもできますが、許可は誰にでも出されるわけではありませんので、ご注意下さい。
また、申請してから審査結果がでるまでに時間が掛かりますので、ドローンをフライトさせる日の、1か月前までに申請しておくことを強く推奨いたします。

それでは実際に手続きの流れを見ていきましょう。

4.飛行計画の通報

【1】

無人航空機の特定飛行を行う場合には、飛行前にあらかじめ「飛行計画の通報」を行わなければなりません。また、特定飛行を行わない場合であっても、他の人があなたの飛行の計画を参照した上で飛行計画の通報をおこなう場合があるので、「飛行計画の通報」は無人航空機を飛行させる場合は、いかなる飛行であっても都度おこなった方が望ましいでしょう。「飛行計画DIPS2.0にログインをした後、トップページからずっと下にスクロールすると「飛行計画の通報・確認へ」というボタンがあるので、クリックします。

【2】

メニューから「飛行計画の登録」をクリックします。すると計画の一覧画面に移りますので、画面右下の「新規通報」をクリックします。


【3】

新規通報をクリックすると地図が開きますので、「飛行経路/飛行範囲」から飛行を予定しているエリアを指定します。

【4】

「飛行経路/飛行範囲」の「編集」ボタンをクリックすると、カーソルマークが「+」マークに変わるので、地図内で飛行が想定されるエリアを囲むようにしてクリックしてポイントを置くと、飛行エリアの設定が出来ます。

【5】

飛行範囲を設定した後、右側メニューの「飛行許可番号」をクリックして、飛行許可を得ている許可書をクリックします。


【6】

「機体情報」をクリックして、許可書に紐づいている飛行させる機体を選択します。


【7】

「操縦者情報」を選択して、機体を操縦する操縦者を選択します。


【8】

操縦者を選択したら、次にその他の情報を入力していきます。多くの情報は「飛行許可番号」で選択した許可書よりデータを参照するので、確認程度で問題ないですが、補助者人数・出発地と目的地・最大飛行時間・所要時間・開始日時については入力しましょう。

【9】

最終確認をして「登録」ボタンを押すと飛行計画一覧に戻るので、先程登録した飛行計画の情報が一覧に出ていることを確認します。天候等によりフライトがキャンセルになった場合は右側のアイコンからフライト計画を削除いたします。飛行計画の通報は以上になります。

【10】

飛行計画の参照から他の人が登録した飛行計画が参照できます。

飛行計画参照をする際の説明画像

飛行計画参照のポインタをクリック

5.飛行日誌の作成

飛行日誌とは・・・・・・?

〇飛行記録(操縦者が無人航空機を飛行させた場合、その都度、飛行の実績について記載したもの)

〇日常点検記録(操縦者が無人航空機を飛行させる前に行う飛行前点検等の日常点検に係る結果について記載をするもの)

〇点検整備記録(無人航空機の使用者に課せられる安全基準への適合義務を履行した記録について記載をするもの)

の3点セットを言います。無人航空機で『特定飛行』を行う際には、作成及び携帯(携行)の義務がありますので、注意しましょう。

【1】

飛行記録を作成します。国交省が作成した様式がありますが、必ずしもこれに記載しなければならないというわけではありません。記入すべき項目さえ網羅していれば、Excelやスマートフォンのアプリケーションを使って作成しても構いません。
飛行記録の作成

【2】

日常点検記録を作成します。国交省が作成した様式がありますが、必ずしもこれに記載しなければならないというわけではありません。記入すべき項目さえ網羅していれば、Excelやスマートフォンのアプリケーションを使って作成しても構いません。
日常点検記録の作成

【3】

点検整備記録を作成します。国交省が作成した様式がありますが、必ずしもこれに記載しなければならないというわけではありません。記入すべき項目さえ網羅していれば、Excelやスマートフォンのアプリケーションを使って作成しても構いません。
点検整備記録の作成

マジオドローンスクールオリジナルDIPS2.0飛行許可申請解説!

                                                    

ドローンに関する「ニュース」・「資格」・「免許」・「法律」・「機体」・「スクール」などはこちら!

ドローンに関する記事一覧

ドローンニュース一覧

2023.12.08 Fri